Menu

”キレイでいたい”を叶えるサロン

美容室ウルーズは、お客様が持つキレイさを引き出すことで、喜んでいただきたいと本気で考えているサロンです。

Menu

ハイブリッドカラー


Q&A hybrid color

ジアミンって何?
ヘアカラーの「核」として染料に含まれるPPDA(バラフェニレンジアミン)等のことです。
・このジアミンを使用することで、少量の色素で濃く色を出すことが、またいろいろな色調を簡単に作ることができます。
・ヘアカラーのジアミン酸化染料を減らして白髪をしっかり染めることは難しいことでした。

ジアミンの何が悪いの?
有害性を持っているからです。
・ジアミン自体がアレルギー反応を引き起こす原因になるだけではなく、酸化剤と混ぜたときにできる中間物質にも有害性があることが知られています。サロンスタッフはこれを毎日使っているのです。
・すでにフィンランドでは1991年にPPDAの一般向け使用が禁止され、今や多くの国でもジアミンの一部使用禁止を伝えています。

低ジアミンだったら意味がないのでは?
ジアミン酸化染料の蓄積量が全然違います。
・確かに、一度ジアミンアレルギーになってしまった方は難しいですが、現在ヘアカラーを楽しんでいただいているお客様には、より安全でより長くヘアカラーを楽しんでいただくことを第一に考えた場合、必然的にお客様へのジアミン酸化染料の蓄積を抑えていく必要があります。

・現在、サロンやホームカラー等ではオーガニック系または低アルカリなど様々なヘアカラーが使用されております。
(※一般的にジアミンではなくアルカリ重視のヘアカラー)しかし年々、カラートラブルは急激に増加し、アレルギー体質の方も年々増えております。その中でジアミンコントロールをテーマにより安心で安全なハイブリッドカラーをお客様に提案。

ジアミンカラーは「アレルギー原因のひとつであるジアミンを使わないヘアカラーは作れないか?」を開発テーマに研究開発が始まり、数百種類の組み合わせの中から作り上げたヘアカラーです。
低ダメージでキレイな発色

ノンジアミンカラーは発色する色がクリアで透明感があるため、ジアミンと同等の濃さを出すには約2倍~4倍の染料が必要です。(当社比)そのためメラニンの抜けた部分にしっかりと入り込んで髪を飽和状態にします。それでいて暗くならないのが特長です。

ジアミン%だから
刺激が気になる敏感肌の方、髪が細い方、ハリ・コシ・ツヤが無くなってきた方におすすめです。

Q&A

ジアミンって何?

ヘアカラーの「核」として染料に含まれるPPDA(バラフェニレンジアミン)等のことです。

・このジアミンを使用することで、少量の色素で濃く色を出すことが、またいろいろな色調を簡単に作ることができます。

・ジアミンが有害なのは分かっていても、今のヘアカラーからジアミンを抜くことは考えられないことでした。(当社比)

 

ジアミンの何が悪いの?

有害性を持っているからです。

・ジアミン自体がアレルギー反応を引き起こす原因になるだけではなく、酸化と混ぜたときにできる中間物質にも有害性があることが知られています。サロンスタッフはこれを毎日使っているのです。

・すでにフィンランドでは1991年にPPDAの一般向け使用が禁止され、今や多くの国でもジアミンの一部使用禁止を伝えています。

 

 

ノンジアミンなのになぜ染まるの?

ジアミンで染まる原理も、ノンジアミンで染まる原理も基本的には同じです。

・今までは、ジアミンを使わないと意図どおりの色が表現できませんでした。そこで染料の組み合わせを変えることと、色素量を多くすることで、思ったとおりの色を表現することに成功し「ノンジアミンカラー」が誕生しました。

・色素はノンジアミンの独特の中明度から高明度の透明感ある鮮やかさが表現できます。欠点は暗い色が出しにくいことと、色数に限界があることです。

 

ノンジアミンのメリットは?

カラー新しい需要の取り込みと、お客様への強力なアピールです。
・肌の弱い人へのアピール/肌の弱い人がもっとも希望する明るい色への対応
・ますます多くなるアレルギーへの考慮
・カラーで髪が細くなったり、ハリ・コシがなくなった方への対策/今までのカラーをひと休みして「髪の元気」サポートカラーとしてアピールできます。
・スタッフのアレルギー対策/スタッフは毎日毎日、ジアミンと戦っています。


Q&A hybrid color
ジアミンって何?
ヘアカラーの「核」として染料に含まれるPPDA(バラフェニレンジアミン)等のことです。
・このジアミンを使用することで、少量の色素で濃く色を出すことが、またいろいろな色調を簡単に作ることができます。
・ヘアカラーのジアミン酸化染料を減らして白髪をしっかり染めることは難しいことでした。
ジアミンの何が悪いの?
有害性を持っているからです。
・ジアミン自体がアレルギー反応を引き起こす原因になるだけではなく、酸化剤と混ぜたときにできる中間物質にも有害性があることが知られています。サロンスタッフはこれを毎日使っているのです。
・すでにフィンランドでは1991年にPPDAの一般向け使用が禁止され、今や多くの国でもジアミンの一部使用禁止を伝えています。
低ジアミンだったら意味がないのでは?
ジアミン酸化染料の蓄積量が全然違います。
・確かに、一度ジアミンアレルギーになってしまった方は難しいですが、現在ヘアカラーを楽しんでいただいているお客様には、より安全でより長くヘアカラーを楽しんでいただくことを第一に考えた場合、必然的にお客様へのジアミン酸化染料の蓄積を抑えていく必要があります。
・現在、サロンやホームカラー等ではオーガニック系または低アルカリなど様々なヘアカラーが使用されております。
(※一般的にジアミンではなくアルカリ重視のヘアカラー)しかし年々、カラートラブルは急激に増加し、アレルギー体質の方も年々増えております。その中でジアミンコントロールをテーマにより安心で安全なハイブリッドカラーをお客様に提案。

ジアミンカラーは「アレルギー原因のひとつであるジアミンを使わないヘアカラーは作れないか?」を開発テーマに研究開発が始まり、数百種類の組み合わせの中から作り上げたヘアカラーです。
低ダメージでキレイな発色
ノンジアミンカラーは発色する色がクリアで透明感があるため、ジアミンと同等の濃さを出すには約2倍~4倍の染料が必要です。(当社比)そのためメラニンの抜けた部分にしっかりと入り込んで髪を飽和状態にします。それでいて暗くならないのが特長です。ジアミン%だから
刺激が気になる敏感肌の方、髪が細い方、ハリ・コシ・ツヤが無くなってきた方におすすめです。
Q&A
ジアミンって何?
ヘアカラーの「核」として染料に含まれるPPDA(バラフェニレンジアミン)等のことです。
・このジアミンを使用することで、少量の色素で濃く色を出すことが、またいろいろな色調を簡単に作ることができます。
・ジアミンが有害なのは分かっていても、今のヘアカラーからジアミンを抜くことは考えられないことでした。(当社比)
ジアミンの何が悪いの?
有害性を持っているからです。
・ジアミン自体がアレルギー反応を引き起こす原因になるだけではなく、酸化と混ぜたときにできる中間物質にも有害性があることが知られています。サロンスタッフはこれを毎日使っているのです。
・すでにフィンランドでは1991年にPPDAの一般向け使用が禁止され、今や多くの国でもジアミンの一部使用禁止を伝えています。
ノンジアミンなのになぜ染まるの?
ジアミンで染まる原理も、ノンジアミンで染まる原理も基本的には同じです。
・今までは、ジアミンを使わないと意図どおりの色が表現できませんでした。そこで染料の組み合わせを変えることと、色素量を多くすることで、思ったとおりの色を表現することに成功し「ノンジアミンカラー」が誕生しました。・色素はノンジアミンの独特の中明度から高明度の透明感ある鮮やかさが表現できます。欠点は暗い色が出しにくいことと、色数に限界があることです。
ノンジアミンのメリットは?
・肌の弱い人へのアピール/肌の弱い人がもっとも希望する明るい色への対応
・ますます多くなるアレルギーへの考慮
・カラーで髪が細くなったり、ハリ・コシがなくなった方への対策/今までのカラーをひと休みして「髪の元気」サポートカラーとしてアピールできます。
・スタッフのアレルギー対策/スタッフは毎日毎日、ジアミンと戦っています。